×

慶應義塾大学先端生命科学研究所 からだ館

SearchMenu

活動の記録

トップページ > 活動の記録 > 2022年 > 認知行動療法のエッセンスを取り入れたすごろく作ります。

認知行動療法のエッセンスを取り入れたすごろく作ります。

4月26日はすごろくワークショップをしました。

●すごろく作りのきっかけ
2021年度にがん患者者サロンにこにこ倶楽部の有志が社会人大学院で臨床心理士の舘野弘樹さんと14回以上カフェ形式のワークショップを重ねて認知行動療法を学んだことです。
受講者の満足度は高く日常生活に役立ったとの声が多くありました。
受講者の声
・以前のように物事に慌てなくなった。
・問題に対してとらえ方、考え方が変わった。
・人はいくつになっても変われると考えられるようになった。

そこで受講生は認知行動療法の学びを楽しく地域に広げたいと考え、認知行動療法のエッセンスを取り入れたすごろくを制作することになりました。
みなさん、すごろく作りは初めてですが、たたき台案をもとに活用してみました。

すごろくのコマには
・最近の楽しかった出来事を話すコマや、リラクゼーションとして深呼吸するコマもあります。
また、自分の考え方の直したいところを発表するコマでは
「直さなくてもいい、お釈迦さまでも無理だから」との発言もあり参加者同士で大爆笑。
それぞれの思いを共有し大いに盛り上がりました。

認知行動療法のエッセンスをちりばめたすごろくを活用することで、自分の気持ちに向き合い
ストレスの緩和や他者の理解につながればと考えています。
小さな思いですが楽しみながら地域に広がるように準備していきたいと思います。
IMG_2419.jpg IMG_2424.JPG
 



カレンダー

2022年5月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31