×

慶應義塾大学先端生命科学研究所 からだ館

SearchMenu

活動の記録

トップページ > 活動の記録 > 2019年 > 山形県立酒田西高等学校での出前講座

山形県立酒田西高等学校での出前講座

今年度山形県立酒田西高等学校の事業『魅力あふれる高校づくり推進事業「探求学習(医療コース)」』
全4回のところ、からだ館は、「第1回 支援についての講演・講義」と「第4回 総括講義と鼎談」に
関わらせていただきました。


7/1 第1回は、前半 からだ館スタッフの講演「がんを経験して」。

真剣に聞き入りメモを取る様子がうかがえました。
【講演の感想】
「当事者の思いが聞けて良かった。」
「患者さんに寄り添える看護師になりたいと思った」



後半 「身近な支援を知る」と題して、からだ館の活動、庄内地区の医療体制、
最後にがん体験者同士の支え合いピアサポートについて話しました。

ピアサポートについては、初めて耳にした生徒さんも多数いましたが、患者さんを支えるのは、
医療職だけではないことをお伝えしました。


        酒田西高2 - コピー.JPG



7/30 第4回の内容
総括講義 がんの緩和ケア 和泉典子氏(荘内病院内科医長) 
鼎談   和泉典子先生 からだ館スタッフ 西高教員 


【感想】
・緩和ケアとはすごく幅広いものであることを学びました。医師の力だけでは成り立たない。
 病院内だけでなく地域全体で支援していくことが大事なんだと思いました。
・QOLは人それぞれでその人に合った方法を見つけることが大切だと思いました。
・私は将来医療と関わる人として私個人だけでなく周りと関わりながら医療を作り上げたいと思った。


参加された生徒さんは 、医療系(看護・理学療法等)や社会科学系へ進学希望の方や公務員希望される方もいらっしゃるようです。
これからもそれぞれの場所で自分たちにできることをともに考え実践していきましょう。


カレンダー

2019年8月

 

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31