×

慶應義塾大学先端生命科学研究所 からだ館

SearchMenu

活動の記録

トップページ > 活動の記録 > 2017年 > 健康大学講義編 健康のカギ「足」~手入れの方法と歩行について~ 開催

健康大学講義編 健康のカギ「足」~手入れの方法と歩行について~ 開催

今日は風の強い嵐のような一日でした。
そんな中、定員を上回る17名が参加して健康大学講義編が行われました。

本日の講師は

講師 庄内余目病院 糖尿病療養指導士 三浦弘子氏
          理学療法士    阿部幸司氏

三浦先生からは
「歩くことは生きること」と題して講義をお聞きしました。
足の変形が歩行に影響することや
歩かないことから起こる症状
また糖尿病による神経障害などわかりやすく解説いただきました。

       DSC00897.JPG
また希望所者は足の状態も見ていただきました。
       DSC00911.JPG

阿部先生からは
歩くことの効果や正しい歩き方について実践を交えて教えていただきました。
体のゆがみ軸のずれが歩き方にも大きな影響を与えていましたね。

DSC00915.JPG DSC00910.JPG

~~~参加者ことば~~~~~~~~~~~~~~
病気を治す前に足。歩くことの原点を考えた。
靴の選び方はき方が参考になりました。
今後は自分の足の状態について注意を払うようになると思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来週は調理編です。
今日学んだことは、たくさんありますが
何か一つでも実践できるといいですね。
ちなみに、
私はすり足をやめて足を上げることを意識してみます。(≧◇≦)
では、次回の調理編も楽しんで学んでいきましょう。


カレンダー

2017年4月

 

 

 

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30